AVLエンジニアリングセミナー開催のご案内

☆☆☆ モデルベース開発の支援環境構築で実現するプロセス改革 ☆☆☆


お客様各位

自動車メーカーにとって、ますます複雑化・多様化する仕様、厳格化する燃費・排出ガス規制に対応するための開発要求は、とどまるところを知りません。CASEに代表される先行投資も膨らむ中、効率化によって間接業務をできるだけ圧縮する新しい開発プロセスが、以前にも増して不可欠となっています。そのような中、モデルベース開発の活用が進展していますが、開発全体を通して展開するには、ツール、データ、プロセスがつながっていない、設計者や試験者がモデルを扱うことが求められる等、いまだ多くの課題を解決しなければならないのが現状です。
弊社は、「お客様のさまざまな既存資産をつないでツールチェーンを構築する」という新しいコンセプトの下、バーチャルとリアルを統合した開発プラットフォーム Integrated & Open Development Platform を提唱しており、既に多くのお客様から反響をいただいています。本セミナーでは、上流のシミュレーションから下流の実機試験に至るまで、自動車開発を長年支援してきた弊社ならではのソリューションによる効率化の可能性についてご紹介します。

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

◆◇◆◇セミナー概要◆◇◆◇

●日時・会場
 川崎
 
2019年10月8日(火) 13:00-17:30
 エイヴィエルジャパン株式会社 川崎本社 Map
 神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1200 KDX武蔵小杉ビル8階

 名古屋
 
2019年10月9日(水) 13:00-17:30

 エイヴィエルジャパン株式会社 名古屋営業所 Map
 愛知県名古屋市名東区上社1-609 SEIWA SQUARE

 大阪
 
2019年10月10日(木) 13:00-17:30
 エイヴィエルジャパン株式会社 大阪営業所 Map
 大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル13階 

定員
 各30名

●プログラム *各会場共通 講演の内容は一部変更される場合がございます。

12:30-

受付開始
13:00-13:20

講演Ⅰ:モデルベース開発支援環境『Integrated & Open Development Platform』

13:20-14:20 講演Ⅱ:適合業務の効率化とバーチャル化によるフロントローディング
14:20-14:30 休憩
14:30-15:20 講演Ⅲ:バーチャル化・台上化によるRDE試験の効率化
15:20-16:05

講演Ⅳ:開発プロセスを組み込んだデータ管理およびデータ解析の効率化

16:05-16:15 休憩
16:15-17:05 講演Ⅴ:既存環境をつなぐ統合ツールチェーンの実現~シミュレーションから実機試験まで~
17:05-17:30

次のステップに向けて / Q&A

*各講演の概要はこちらをご参照ください。

●参加費
 無料

●申込方法
 事前登録制
 おかげさまで多くの方々にご来場いただき、盛況のうちに終了いたしました。誠にありがとうございました。

※お申し込みフォームに入力・送信すると、自動送信メールが送られます
※弊社にてお申し込みを確認後、開催日の1週間前までに受講確認メールをお送りします
※メールが届かいない場合は、弊社までお問い合わせください

 同業の方、個人の方のお申し込みはご遠慮させていただく場合がございます。

●お問い合わせ先

エイヴィエルジャパン株式会社 マーケティング
Tel:044-455-9210 / Email:eventmanagement.japan@avl.com