【Webinar】 SPH法を用いたギアボックス潤滑油の挙動シミュレーション

01.png

ギアボックス開発において、広範囲な運転条件、環境に依存した潤滑油の粘度、オイル充填量、車両グレード、および過渡条件を満たし潤滑を最適化することは、設計上の重要なタスクです。業界全体で、この設計タスクを効率的に、かつ開発コストを抑制するため、開発プロセスのデジタル化に取り組まれており、そこでは新しい CFD手法が求められています。

この要求を実現するため、複雑な形状における自由表面流れを計算するのに適している粒子法 によるCFDシミュレーション手法が検討されています。
PreonLabは、IISPH法(Implicit Incompressible Smoothed Particle Hydrodynamics)に基づく粒子法コードの1つになり、E-Drive ギアボックスの潤滑の評価など、実際のシナリオに基づいた過渡シミュレーションを可能にする独自の効率的なシミュレーションを提供します。

主なトピックと要点:

+PreonLabで ハウジング、中空シャフト、遊星ギアなど複雑な形状の取り扱い

+流体粒子サイズのリファインメント機能

+さまざまな設計仕様や運転条件での検討に対するメッシュレスアプローチの簡便的さ

+テストベッドとの比較

+アクリルハウジングによる可視化試験とのモデル検証から設計仕様の検証




Webinar名:Simulation of Gearbox Lubrication with SPH

言語: 英語

6月9日(水)16:00 CEST(23:00 JST)

ご登録は、こちらから => Register now

終了後は、オンデマンドで配信いたします。

(同業の方、個人の方のお申し込みはご遠慮させていただく場合がございます。予めご了承ください。)

お問い合わせ先:

エイヴィエルジャパン株式会社
アドバンストシミュレーションテクノロジー事業部
〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東3丁目1200番地
TEL: 044-455-9221  FAX:044-455-9208
E-mail: ast.jpn@avl.com  Website: http://www.avl.co.jp / www.avl.com