ニュースリリース

ドイツの主要OEMがAVL FIRE®をエンジン開発用ツールとして採用

1年半に及んだCFDソフトウェアツールのベンチマークの結果、世界をリードするOEMの一つであるBMWグループのエンジン開発部門がAVL FIRE®を採用しました。

5つのベンダーが参加したベンチマークではガソリン直噴エンジンの開発に必要なシミュレーションタスクに対する性能が問われ、タスク完了後にはオンサイトでのプレゼンテーションを行いました。

シミュレーション結果の品質だけではなく、ツールが備えているシミュレーションモデルの種類、計算準備に係る工数も評価されました。

さらに、ツール自体のベンチマークに加えて、ソフトウェアベンダーのR&Dプロジェクトに対する潜在能力の有無、継続的なソフトウェア開発とメンテナンスの可能性、BMWと長期間にわたる関係を築き得るポテンシャルを持っているかどうかも比較検討されました。

以下はAVL FIRE®のプロダクトマネージャー Maik Suffaのコメントです。
“AVL FIRE®がエンジンのための流体シミュレーションの領域で最も優れ、かつAVLが自動車産業における信頼しうるパートナーである事を認識していただけたことがこのベンチマークの結果となって現れた”

AVL FIRE®とは
熱問題、化学反応、複相・複数流体、固体・流体連成などが扱える3 次元流体(CFD)シミュレーションソフトウェアです。エンジン燃焼室形状や燃料噴射ノズル形状の最適化、冷却水流れ、エンジン熱負荷、排気後処理計算などにお使いいただけます。

本件のお問い合わせ先
アドバンストシミュレーションテクノロジー事業部
Tel: 03-3258-4706  E-mail: ast.jpn@avl.com